ハンカチマスクの作り方

新型コロナウイルスの驚異が続いており、マスクの入手が困難になっていると思います。
そこで、洗濯・再利用が容易なハンカチマスクを作ることをお勧めします。
最も簡単に作ることがでできるのは、縫わないハンカチマスクです。
ハンカチを二つに折り、さらに二つ折りして4重になった長方形を作ります。
端から5分の1程度の所で折り返し、反対側は5分の2程度の所で折り返すと、マスクの形が出来上がります。
両端に髪止め用の環状のゴムを取り付け、顔に合わせて折畳部の位置を調節すれば出来上がりです。
材料さえあれば、いつでもどこでも作ることができます。
しかし、作るたびに微調整が必要になります。
2か所の折り返しの少し内側と外側の出ているハンカチの末端部を縫い留めてやると、マスクの形を維持できるようになります。
縫うハンカチマスクにすると、洗濯・再利用が簡単になります。
40cm四方のハンカチを使うと、小さめのマスクが出来上がります。
50cm四方のハンカチを使うと、大き目のマスクが出来上がります。
柄物のハンカチを使う場合、縁取りの模様が邪魔になる時があります。
その場合、縁取りの部分を内側に織り込んでやると外から見えなくなります。
中央部分のきれいな均一模様のみを外側に出すことができます。
小さめのハンカチで大き目のマスクを作る場合も両辺を内側に織り込みます。
折り目の位置を変えることで、マスクの上下の幅を変えることができます。
ハンカチの両辺がマスクの内部に収められているので、装着した時の違和感が少なくなります。
ゴムは、十分な強度と伸縮性があれば、いろいろなものを使うことができます。
髪止めのような、長さを調節することができない場合、本体側の折り目の位置を調節して顔の大きさに合わせます。
その後に縫い留めれば、自分専用のマスクが出来上がります。
手芸用や衣類用のゴムひもを使うこともできます。
この場合は、少し長めに切って装着し、結び目の位置を変えることで長さを調節します。
結び目をマスクのゴム取り付け部の内側に収めると見栄えが良くなります。
縫うマスクは、使うたびに選択する必要はありません。
ウイルスは熱に弱いので、両面にアイロンをかけてやれば活性を殺すことができます。
洗濯は、気が向いた時にやれば良いでしょう。
4月から一人暮らしになる人は、アイロンも準備することをお勧めします。
新型コロナウイルスだけでなく、ウイルス感染症の予防に効果的です。
また、ハンカチマスクは花粉症対策にもなります。
オリジナルの可愛いハンカチマスクを作り、安全な学生生活を楽しんで下さい。
なお、使い捨てマスクを廃棄する時はゴムひもを切り取って保管して下さい。
ハンカチマスクを作る時に役に立ちます。

関連記事

TOP