資格試験

資格試験は、入学者選抜試験のような競争的試験とは違います。
後者は、他の受験生との間の相対的評価になるので、自分の力を出し切るだけでは合格できない時があります。
その分プレッシャーが大きくなり、自分の実力を出せないことがあります。
しかし、資格試験は合格ラインを超えれば良い、絶対的評価を行う試験です。
これまで築き上げてきた実力を発揮することができれば合格するものです。
合格しなければならないというプレッシャーを自分自身にかけないようにして下さい。
緊張しすぎると、自分の実力を出せなくなり、ミスを犯しやすくなるからです。
解くことのできる問題を確実に解答することが重要です。
良く解らない問題は後まわしにして、着実に得点を積み上げて下さい。
次に、解答の点検を行い、記載ミスの有無を確認します。
これで、かなりの点数を確保することができます。
自信のない問題についても、すべて解答しなければなりません。
解答に自信がなくとも、正解を記入している確率がかなりあるからです。
落ち着いて解答し、試験時間を有効に使うことができれば、合格することができます。
これまでの勉強に自信を持ち、静かな心で試験に臨んで下さい。