留学生の修了式がありました

2017/02/09

留学生の修了式がありました

2月8日、厦門(アモイ)理工学院の留学生、林瀛(りん えい)さんの修了式がありました。

昨年の9月に本学の留学生として入学、生活総合ビジネスの学生として半年間を過ごした林さん、井上学長から、餞(はなむけ)の言葉として、「理性を持った羅針盤で、今からの人生を欲望という嵐にめげず船出し航海していくこと、本学の「誠、和、愛」の精神を持って過ごしていくこと」など激励されました。また吉田理事長より、「本学の指針である「感謝と思いやりの心」が今後の人生を豊かなものにすること、自分の経験を通しながら、折角覚えた日本語を決して忘れないこと」など、慈愛に満ちたお話がありました。

その答礼として、林さんは、「心優しい友達に恵まれたこと、今後アジアの一員として日本と中国の境界がなくなる様に頑張っていきたい」と感謝と決意を述べました。緊張の中にも笑顔で話す林さんの姿からは、充実した留学生活と希望に満ちた表情が伺えました。