春日中学校にて食に関する指導を行いました。

2017/03/04

春日中学校にて食に関する指導を行いました。

 

12月5日に阪田先生による食育学習会の講演が行われ、今回、平成29年3月2日に第2回目として武部先生、阪田先生、渡邉先生、福永先生、安藤先生5名にて「お弁当の日」における生徒自作のお弁当についての指導助言が行われました。

対象は春日市立春日中学校第1学年生徒全員で、1組から5組の各教室に1クラスずつ担当し、授業を行いました。

はじめに、お弁当の日の取り組みの趣旨説明の後、グループ内で一人ずつお弁当についてタイトル、工夫した点、苦労した点などの発表をしていただきました。

各教員が、お弁当を確認していき、その後、グループ代表が視聴覚を使って、発表していきました。各グループとも工夫を重ねたお弁当でした。

生徒各人が、自分自身の力で作り上げることで、お弁当作りの大変さを実感し、日頃作ってくれている人に、感謝の気持ちを持つという今回の趣旨を理解してくれました。まとめに栄養バランスや、主食、主菜、副菜の割合など、お弁当作りのポイントなどを話しました。今回の取り組みを、今後にも活かしていただければと思います。今後も継続して食育活動をしていきたいと考えています。