精華学園100周年
精華学園100周年
スペーサー 2009年11月14日(土)、本学園は創立100周年を迎え、同日に福岡サンパレスホールにて記念式典を挙行いたしました。 記念式典は開式の辞で幕を開け、理事長式辞の後、文部科学大臣代理 伊藤 勲氏(文部科学省高等教育局私学部参事官)、福岡県知事代理 海老井 悦子氏(福岡県副知事)、精華女子短期大学後援会会長 冨田 功一氏、精華女子高等学校同窓会会長 久保 弘子氏、以上来賓の方々からのご祝辞、次に学生・生徒代表の祝辞の後、精華女子高等学校在校生の清らかな詠唱とともに学生・生徒による献花・献香が行われ、ご導師 妙泉寺 木村眞昭住職、徳正寺 竹内英真住職により粛々と法要が執り行われました。式典の後、精華女子高等学校の吹奏楽部によるマーチングステージショーが華やかに行われ、記念式典は慶びに満ち溢れるなか幕を閉じました。式典の後は、ホテルオークラ福岡にて有縁の方々とともに記念祝賀会が行われました。記念祝賀会の後、精華学園は次の100年へと新たな第一歩を踏み出しました。 スペーサー
精華学園100周年
精華学園100周年 精華学園100周年
2009年6月2日、本学体育館にて淡水幼稚園後援のもと、地域の保護者と未就学児の方々約80名を対象に開催。子どもとの遊びを通して、親子の情緒的絆の形成や、子どもの能動的活動・諸能力の発達を促すことを目的とし、チームを作り一緒になって動くことで、親同士・子ども同士の交流を深めることができました。
精華学園100周年
精華学園100周年
2009年6月10日、アフガニスタンの農業・用水路事業に取り組んでいる『ペシャワール会』事務局長の福元満治氏による講演会を開催。事業の甲斐あって荒れた大地に縁が茂る様をスライドで映しながら、最後に同会代表 中村哲氏の言葉、“志は高くよりも志は深くあってほしい”を紹介され、学生にとっても意義ある会となりました。
精華学園100周年
2009年8月5日、創立100周年記念行事の一環として、また国際学術交流10周年の成果を記念して、本学園記念館大ホールにて日韓文化公演を開催。本学学生(専攻科保育福祉専攻)による和太鼓演奏、協定校の崇義女子大学(ソウル特別市)学生による伝統的な農耕時の踊り「スルギャンゴ」などが披露されました。
精華学園100周年
卒業生、ご来賓など約200名が出席し、ホテルオークラ福岡にて盛大に行われました。成清 幸子同窓会会長の挨拶の後、西川ともゑ氏(博多のごりょんさん・女性の会会長)による記念講演『博多のごりょんさん細腕繁盛記』を開催。懇親会では、短大開設からの懐かしい映像が会場に映し出され、和やかな雰囲気に包まれました。
精華学園100周年
2009年の忍冬祭は、本学の教育理念『誠和愛』の『誠(まこと)』に焦点をあて、積極的に物事に取り組むまっすぐな心持ちをテーマに開催。食育講演会、児童劇、和太鼓演奏、介助犬デモンストレーション、パフォーマンス&ダンス、ミス・ミスター決勝、ゲストライブ、手作りお菓子(クッキー作り)、保育リカレント講座、各種バザーなど、様々な企画が行われました。
精華学園100周年
2009年12月5日、アクロス福岡シンフォニーホールにて公演。楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』前奏曲に始まり、12月恒例の交響曲第9番ニ短調Op・125『合唱』へと移行。本学コミュニティオーケストラを中心に、新たに記念音楽会合唱団を編成し、地域の方々との大共演となりました。
精華学園100周年
2010年1月19日、本学1号館2階に開設された歴史資料室の開設式が行われました。吉田幸滋理事長より謝辞が述べられ、宗弘道法人本部参事より、開設に至った経緯、創設者 吉田マツ先生所縁の展示物についての説明が行われ、式は滞りなく終了しました。
精華学園100周年
精華独自の奨学金制度を準備しました!!
スペーサー
精華女子短期大学では、今年精華学園創立100周年を迎えるにあたり、独自の奨学生制度を準備いたしました。
スペーサー
出願時の奨学生制度
スペーサー
 
精華学園100周年特待A奨学生
スペーサー
特典 1年次授業料の半額免除:27.5万円 返還不要

出願資格
特別選抜指定校推薦または一般公募推薦一期において、学校長が推薦し、人物・学業成績ともに優秀で。評定平均値が4.3以上かつ欠席日数が5日以内で本学を専願する者

募集人数
出願資格を満たした者全員
スペーサー
精華学園100周年特待B奨学生
スペーサー
特典 1年次の授業料より15万円免除 返還不要

出願資格
特別選抜指定校推薦または一般公募推薦一期において、学校長が推薦し、人物・学業成績ともに優秀で。評定平均値が3.5以上かつ欠席日数が5日以内で本学を専願する者

募集人数
出願資格を満たした者全員
スペーサー
精華学園100周年同窓生特別奨学生
スペーサー
特典 入学金21万円免除 返還不要

出願資格
本学同窓生の子女・姉妹・孫で特別選抜指定校推薦または、一般公募推薦一期において学校長が推薦し、人物・学業成績ともに優秀で。評定平均値が3.0以上かつ欠席日数が14日以内で本学を専願する者

募集人数
出願資格を満たした者全員
スペーサー
入学後の奨学生制度
スペーサー
 
精華女子短期大学奨学生
スペーサー
入学後、幼児保育学科、食物栄養専攻、生活総合ビジネス専攻及び専攻科保育福祉専攻の学生に対し、学業成績・経済事情を考慮し、精華女子短期大学奨学金(返還不要:150,000円)が給付されます。
(幼児保育学科、食物栄養専攻、生活総合ビジネス専攻:1年次6名・2年次6名 計12名、専攻科 保育福祉専攻:1名)
スペーサー
精華学園育成会奨学生
スペーサー
経済的理由により修学が困難な1年生に対し、学業成績・経済事情を考慮し、精華学園育成会奨学金(返還不要:150,000円)が給付されます。(1年生:1名)